メインイメージ

すっぽん食文化の歴史

滋養強壮,コラーゲンが豊富な食べ物としてすっぽんが知られていますが,すっぽんを家で味わおうと思ってもなかなか調理できるものでもなく,高級料理店やすっぽん専門店で食べることが主流ですよね。

すっぽんは高級な食材であると同時に,すっぽん料理を食べることができるお店が限られることからも,気軽にいつでも食べられるというわけではありません。

そもそも,すっぽんを食文化として発展させてきたのは,現在も漢方薬の原材料としている中国であり三千年前にはすでに食していたという記録もあります。
世界三大美女として知られる楊貴妃も,宮中料理の中ですっぽんを食していたという文献もあり,美しいといわれた楊貴妃はすっぽん効果なのかもと考えてしまいますね。
また,日本では,縄文時代には食していたそうで,すっぽんの化石や骨が発見されています。

その後江戸時代では効果を期待して食べるという文化に変わっていきましたが,この当時は安い値段で手に入りやすかったので庶民の間でも食べることができたようです。
そして,明治時代には養殖が始まり,今のように高級な食材であるとなったのは最近のことです。

すっぽん料理というと,すっぽん鍋やスープがあげられるように,とてもおいしい出汁がとれることで知られていますが,煮込んでいけばどんどんコラーゲンがたくさん入ったスープがとれますし,すっぽん雑炊の素が市販されているようにスープで食したほうが食べやすいですね。

トップに戻る