メインイメージ

すっぽんサプリで関節痛は改善できる?

すっぽんは、美肌効果、精力増強等の他、関節痛にも効くといわれています。
それは、コラーゲンやコンドロイチンが含まれているからです。

軟骨は、60%以上が水分、15~20%がコラーゲンで出来ていて、骨同士をつなぐクッションのような役割をしています。
加齢とともに水分やコラーゲンが失われていくと、軟骨がすり減ってしまいます。
そうすると骨同士がぶつかって、痛みが出たり動かしにくくなったりします。
腰や膝に症状が出て、悪化すると外出も困難になってしまいます。

関節痛といえば、グルコサミンが知られていますが、コンドロイチンはグルコサミンから生成されます。
コンドロイチンは、軟骨に水分や栄養を送り込んだり、老廃物を排出したりする働きをもっています。
では、コラーゲンやコンドロイチンを摂取すれば、そのまま軟骨成分になったり、関節で働いてくれたりするのでしょうか。

コラーゲンを摂取した結果、膝関節の痛みが軽減したという研究結果もあります。
しかし一方で、摂取しても軟骨で働くとは限らないという説もあります。

コラーゲンもコンドロイチンも、骨や臓器等、体のあらゆるところに存在しているので、軟骨だけに多く成分を送るという事は出来ないからです。
コラーゲンやコンドロイチンの全体量は増えるわけですから、すっぽんサプリは全く効果がないというわけではありません。

しかしサプリだけに頼っていても、効果は実感出来ないでしょう。
関節痛の改善には、運動をして筋肉をつける事が一番重要です。
すっぽんサプリは栄養成分が豊富なので、補助的に使うのがよいでしょう。

トップに戻る